専業主婦でもカードローンから借り入れ!家族にばれずに返済

専業主婦でもカードローンから借り入れ!家族にばれずに返済

●カードローンは安定した収入が必要
消費者金融カードローンの中には主婦でもお申し込みOKと言うものが多く見られます。

 

 

 

主婦でもお金を借りられると思ってお申し込みしようとしても、安定した収入を得ていることと言う条件が付いていてやはりダメなんだと痛感させられることがありました。

 

 

消費者金融が安定した収入を重視しているのは貸し倒れリスクを抑えるためです。
消費者金融カードローンでは担保なし保証人なしで貸付を行うのが基本となっています。

 

 

もし借主本人が返済できなくなり滞納し始めた場合、担保なし保証人なしだと回収するのが大変です。
そのために無収入である専業主婦はお断りしているのが現状となっています。

 

 

 

●総量規制の配偶者貸付

 

 

 

 

消費者金融は総量規制により年収の3分の1を超える貸付が禁止されています。

 

 

例えば年収300万円の方は100万円までと制限されるのです。

 

 

1社だけじゃなく複数社併せて100万円までとなります。
専業主婦だと無収入なので借入出来ないことになりますが、この総量規制には配偶者貸付と呼ばれる制度があります。

 

 

配偶者貸付では配偶者と併せた年収が3分の1以内であれば貸付できると言う内容になっています。
専業主婦本人が無収入でも配偶者に安定した収入があればお金を借りられるはずです。

 

 

 

しかしこの配偶者貸付を利用するには配偶者の同意を得ること、住民票など夫婦関係を証明できる書類を提出することと言う条件を満たすことが必要です。

 

 

 

住民票などを準備するのは時間が掛かるため、配偶者貸付により専業主婦にお金を貸している消費者金融カードローンは少なくなっています。

 

●中堅の消費者金融

 

 

 

大手消費者金融カードローンでは専業主婦の利用は難しいですが、中堅消費者金融カードローンでは配偶者貸付により専業主婦にもお金を貸しているところが見られます。

 

 

その代わりに前述した条件を満たすことが必要なため、配偶者に内緒でお金を借りることは出来ないです。

 

 

 

夫婦関係を証明できる書類も準備しないといけないので手間が掛かってしまいますが、専業主婦だとどこからも借入出来ないと言うわけでは無いのです。

 

 

 

●銀行カードローンでも大丈夫
大手なら安心だけど名前の知らない中堅消費者金融カードローンでは不安と言う場合は、銀行カードローンと言う選択肢もあります。

 

 

総量規制は消費者金融や信販、クレジットなど貸金業者が対象となっており、銀行カードローンは対象外です。

 

 

中には配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でもお申し込みOKと言う銀行カードローンが見られるのです

 

 

銀行なら初めてお金を借りる専業主婦でも安心感があるのが良い点です。

 

 

さらに配偶者貸付でお金を貸しているのでは無いために配偶者の同意は不要です。

 

 

夫婦関係を証明できる書類の提出も求められないです。

 

 

専業主婦本人の運転免許証やパスポートなどの本人確認書類さえあれば大丈夫です。

 

 

専業主婦本人は勿論の事、配偶者の収入証明書類の提出も求められないのが基本となっています。

 

●保証会社が保証している

 

 

銀行カードローンでは消費者金融カードローンのように保証人なしで利用出来ます。

 

 

それは保証会社が保証しているからです。

 

 

そのために保証会社の保証が受けられる方と言う条件が付いています。

 

 

保証会社への保証料は銀行カードローンの金利に含まれており、わざわざ利用時にお支払いすると言った手間は無いです。

 

 

 

●銀行カードローンの注意点

 

 

その代わりにご利用限度額はそれ程高くならない点に注意が必要です

 

 

専業主婦でもお金は借りられるものの、最大でも30万円50万円と言う銀行カードローンが一般的となっています。

 

 

高額な借入は出来ませんが、当面の生活費や旅費などと言った資金であれば足りるご利用限度額です。

 

 

銀行カードローンなら配偶者に内緒でお金を借りたい時にも便利ですが、審査結果のご連絡時には注意が必要です。

 

 

 

自宅の固定電話の番号に掛かってくるとその時に知られる可能性があります。

 

 

中には審査結果はメールで連絡すると言う銀行カードローンもあり、これなら知られる心配は無いです。

 

 

その他にもカードが自宅に届いた時に知られる可能性があります。

 

 

専業主婦本人が受け取り出来る時間に届けば大丈夫ですが、居ない間に届いてしまうとまずいことになってしまいます。

 

 

郵便物は本人しか開封することが出来ないですが、後で何の郵便物だと聞かれる可能性大です。

 

 

中にはカードの受け取り方法を郵送から自動契約機に替えられる銀行カードローンがあります

 

 

これなら自宅にカードが届かないので知られる心配が無いですが、自動契約機のある銀行カードローンは少ないです。

 

 

 

お金を借りた後に返済を滞納すると催促の電話が掛かってくることがあるので注意が必要です。

 

 

何か月も滞納すると代位弁済が実行され、保証会社からの一括請求が来てしまいます。

 

 

返済は配偶者の収入から充てることになるため、なるべくなら説明してから利用したほうが良いです。